虫歯Caries

お口の中に普段と違う違和感や痛みを感じておられても、治療がこわくてなかなか受診できないという方も多いのではないでしょうか?当院では、全ての患者様に安心して治療を受けていただけるよう「無痛治療」を目指して様々な取り組みを行っております。また、院内技工士と連携をとることで、天然歯と見間違えるような詰め物・かぶせ物をご提供できることにも自信を持っております。

当院の虫歯治療の特徴

  • 無痛治療

    患者様に痛みを感じさせない麻酔や、レーザーを使用した虫歯治療など、様々な取り組みで「無痛治療」を実現できるよう努めております。

    無痛治療
    痛みの少ないレーザー治療
  • 天然歯のような仕上がり

    歯に優しく、天然歯に一番近いオールセラミックを使用して、審美的にも機能的にも最善の治療を行っております。

    天然歯のような仕上がり
    オールセラミック

    当院はメタルフリーを心がけています

    当院はメタルフリーを心がけています

    驚かれるかもしれませんが、日本で保険治療に使用されている合金は、生体への安全性における観点では疑問視される点も多く、安全基準の厳格なスウェーデンではこれらの金属を歯科医師が治療に使用すると法律で罰せられます。飲料水や食品の重金属汚染には敏感になられる患者様が多くおられますが、お口の中の金属には無頓着な方がほとんどです。当院の虫歯治療では、金属を使用せず、身体に優しい「メタルフリー治療」を心がけております。

    メタルフリー治療のメリット

    • 虫歯の再発を予防
    • 銀歯に使用されている金属は、歯や接着剤よりも硬いため、銀歯の下の接着剤が壊れやすく、そのすき間から細菌が入って虫歯が再発する可能性が高くなります。そのため、メタルフリー治療は虫歯の再発を予防することにも繋がります。
    • 金属アレルギーの原因を除去
    • 歯科金属の多くはイオン化して溶け出しやすく、唾液や血液などのタンパク質と結合して抗原 性(アレルギー性)を持ち、局所や全身に、発赤、腫脹、湿疹などを発生さる金属アレルギーとな ります。症状のみでは原因の特定が難しい疾患ですが、ある程度が歯科用金属によるものと言 われてるため、お口の中の金属を取り除くことで金属アレルギーの原因を取り除くことができます。
    • 身体に優しい
    • 口の中の金属は帯電しやすく、イオン化傾向の違う異種金属が存在すると「ガルバニ電流」と呼ばれる微弱電流を生じて、脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させることにも繋がります。また、長期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的なリスクが増大するため、メタルフリー治療を選択することは身体に優しい治療となります。
  • 5年保証

    治療後も快適にお過ごしいただけるよう、虫歯治療において保険外診療を行った場合、5年間の保証制度を設けております。

    5年保証
  • オーダーメイドの治療

    長期にわたる虫歯治療や通院が難しいという方には、患者様のご要望に合わせたご予約や治療プランをご提案しております。

    オーダーメイドの治療
    オーダーメイドコース
  • 静脈内鎮静法にも対応

    どうしても治療の痛みがこわいという方には、静脈内鎮静法(半分眠ったような状態で施術を行う)を行うことが可能です。

    静脈内鎮静法にも対応
    静脈内鎮静法

痛みに対する4つの配慮

当院では、「無痛治療」をご提供するため、以下の内容に配慮した麻酔を行っております。

  • 1麻酔前の表面麻酔

    歯茎に表面麻酔を塗ることで、針が刺さった時の痛みを軽減しています。

    カウンセリング
  • 2世界で一番細い針を使用

    麻酔で使用する針は、世界で一番細い針を使用しております。

    世界で一番細い針を使用
  • 3麻酔液の温度管理

    注入した際の刺激を軽減するために、麻酔液を体温と同じ温度にしております。

  • 4麻酔液の注入スピード

    麻酔液を丁寧にゆっくり注入することで、違和感と痛みを抑えております。

虫歯の進行段階

  • C0

    「初期虫歯」と呼ばれる状態で、歯に穴があく手前の段階です。多くの場合、定期的なメンテナンスやフッ素塗布などの予防処置を徹底して行います。

    C0
  • C1

    歯のエナメル質(表面の部分)に虫歯ができている状態です。虫歯になっている部分だけを削り、詰め物をして処置を行います。

    C1
  • C2

    虫歯が象牙質まで進行した虫歯で、冷たいものがしみるなどの自覚症状が出てきます。虫歯の範囲が大きい場合には、かぶせ物で補うことになります。

    C2
  • C3

    神経(歯髄)まで虫歯が進行した状態で、激しい痛みを伴います。神経を取り除いたあと、歯の根の治療を行い、かぶせ物をして治療します。

    C3
  • C4

    虫歯が歯の根まで進行し、ほとんどの部分がなくなってしまった状態です。歯を残すことが難しい場合、抜歯して入れ歯かブリッジ、インプラントで治療を行います。

    C4

二度と虫歯をつくらないために

虫歯治療を行った多くの患者様は、「二度と虫歯治療をしたくない」と思われることでしょう。二度と治療を繰り返さないために、当院では定期的なメンテナンスやそれぞれの患者様に合わせた予防プランをご提案いたします。また、予防プランは虫歯リスク検査の結果に基づいて、お口の中の状態をしっかりと把握した上でご提案しております。

当院の予防歯科