マウスピース矯正Mouthpiece

透明のマウスピース型矯正装置「インビザライン」なら、通常のワイヤーによる矯正装置に比べて、目立たない矯正治療を行うことができます。様々な患者様のライフスタイルに適しており、皆様の笑顔に自信を与えてくれます。

マウスピース矯正
「インビザライン」とは?

インビザラインは、患者様お一人おひとりに合わせて作製された透明のマウスピースを2週間ごとに交換しながら装着することで、段階的に歯を動かす矯正治療を行います。マウスピースは装着していても違和感が少なく、取り外しが可能なため、日常生活に支障がでることもありません。

マウスピース矯正「インビザライン」とは?

インビザラインの特徴

  • 目立たない

    1目立たない

    インビザラインは、透明で目立たないため、装着していることがほとんどわからず、見た目によるストレスを感じさせません。
  • 取り外しができて衛生的

    2取り外しができて衛生的

    食事や歯みがきの時はマウスピースを取り外すことができるため、普段通りに歯のお手入れができ、お口の中を衛生的で健康な状態に保つことができます。
  • トラブルが少ない

    3トラブルが少ない

    ワイヤーやブラケット矯正装置を使用しないため、お口の中の違和感が少なく、矯正装置が外れてしまうなどのトラブルの可能性も少なくなります。

治療後も安心の5年保証

治療後も安心の5年保証

矯正治療終了後も安心してお過ごしいただくために、当院のマウスピース矯正は、5年間の保証制度を設けております。
※適用には定期健診の受診が必要となります。

実際の治療例

症例写真
症例情報
主訴 歯並びを治したい
診断名 叢生
年齢 30代
治療に用いた装置 マウスピース型矯正装置(インビザライン)
抜歯部位 非抜歯
治療期間 1年
治療費用 約125万円
リスク
副作用
保定装置(リテーナー)の不使用による矯正治療の後戻り
当院の治療例はこちら

マウスピース矯正のメリット

ワイヤー矯正と比べたときの
メリットは?

  • 治療中でも自信に満ちた笑顔
    マウスピース矯正で使用する装置は目立たないため、装着していても治療中であることを気づかれることがほとんどありません。
  • いつでも取り外せる
    特別なイベントがある場合でも、その間はマウスピースを取り外すことができるため、気軽に華やかなシーンに参加することができます。
  • 診察回数を減らせることも
    4~6週間に1度の診察で、忙しいスケジュールの方に最適です。(※ケースによって異なります)つまり、ご自身にとって大切な物事により多くの時間を使っていただくことができます。
  • 今までと同じ生活ができる
    治療中も従来と同じように歯磨きができ、衛生的なお口の環境を保つことができます。また、スポーツなどの制限もありませんので、アクティブなライフスタイルにもぴったりです。
  • 治療シミュレーションを
    確認できる
    お口の中を光学スキャナーでスキャンすることで、患者様の歯並びを3D画像にすることができます。そのため、治療後の歯並びを歯科医師からの説明だけでなく、シミュレーション画像で確認することができます。

インビザライン治療の流れ

  • 1検査

    まず、インビザライン治療を行うための講習を受けた歯科医師が、治療計画を作成するために、患者様の写真やレントゲン(任意)を撮影し、お口の中をスキャンします。

    検査
  • 2治療計画の立案

    その後、歯科医師が作成した治療計画に基づいて、アライン・テクノロジー社が患者様お一人おひとりに向けてカスタマイズした3D治療計画を作成します。この3D治療計画では、治療完了時の歯並びの予測最終位置を確認することが可能で、この治療計画を基にカスタマイズしたマウスピースを作製します。また治療計画は、どの程度の治療期間が見込まれるのか判断する材料となります。

    治療計画の立案
  • 3マウスピースの作製・お渡し

    治療計画をもとにマウスピースが作製され、クリニックに届いたマウスピースを患者様にお渡しします。マウスピースは毎日装着していただき、2週間ごとに交換していただきます。

    マウスピースの作製・お渡し
  • 4治療経過の確認

    約6~8週間ごとに診察を受けていただき、治療の進捗やマウスピースの装着状況を確認いたします。

    治療経過の確認
  • 5治療終了

    治療終了後、歯の位置を安定させ、後戻りを防ぐためのリテーナー(保定装置)を使用していただく場合があります。

    治療終了

対象となる歯並び

  • でこぼこした歯並び
  • 八重歯
  • 歯と歯の隙間(すきっ歯)
  • 上の歯が出ている(出っ歯・口ゴボ)
  • 下の歯が出ている(受け口)
  • 噛み合わせが深い
  • 奥歯は噛んでいて前歯は噛んでいない(開咬)

ケースによっては、マウスピース矯正が適用できないことがあります。対象となる歯並びについては、一度ご相談ください。

10代の方へのマウスピース矯正

インビザライン・ティーン
■インビザライン・ティーン
インビザライン・ティーンは、永久歯が完全に生え揃っていないなど、10代の方を対象としたマウスピース矯正です。歯並びが気になる方は一度ご相談ください。

マウスピース矯正に関するQ&A

  • Q治療期間はどれくらいですか?
    A治療期間は、ケースや治療計画等によって異なりますが、従来の矯正治療とほとんど変わらない期間で治療を行うことができます。
  • Q治療に痛みはありませんか??
    A痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピース矯正は一般的に、従来の治療方法に比べて、矯正装置やワイヤーによる痛みや不快感を軽減することができます。
  • Q治療費用はどのくらいかかりますか?
    A治療費用は、必要な治療の種類や期間等もふまえて決定されます。お支払いプラン等も医院によって異なりますので、各医院へご相談ください。
  • Q年齢に制限はありますか?
    A年齢による制限はありません。永久歯が完全に生え揃っていない患者様も、インビザラインによる治療が可能です。詳しくは治療を担当する矯正歯科医に直接ご相談ください。

注意事項

  • マウスピースの装着時間が足りない場合、治療がスムーズに進行しないことがあります。
  • マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、完成物薬機法対象外の装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。
  • ケースによっては、インビザラインが適用できない場合があります。