院内技工

CT

院内技工とは?

被せ物の治療を行う際、多くの歯科医院は外部の歯科技工所へ委託します。
ですが、院内技工とはその歯科医院内に併設してあることをいいます。

より、身近に歯科技工士が居るという事です

(ただし、「院内技工が良い」「技工所が良くない」では決して有りません。
最終的には実際に製作する技工士の器量・技量・仕事量が重要であると思います。)

当院の院内技工ならではの特徴

被せ物の製作は歯科技工士 井上が製作します。

私が一貫して製作しますので、作業ムラや人的なオーダーの食い違いは皆無です。
製作合格点は「私自身の家族にセット出来るもの」です。

技工室は常にオープンです。

是非、患者様ご自身の身体に入る補綴物の製作現場を御覧ください

患者様のご要望をいつでも直に技工士がお聞きします。

常に私がおりますので、いつでもご相談下さい
技工室で模型や画像を交えて詳しくお伝え致します。

患者様の治療情報を初診時から把握しています。

初診時には、ご挨拶にお伺いします。
初診時の口腔内のお写真(保険適用)は、私がお撮りします。
朝、夜のミーティングで歯科医師・歯科衛生士・受付(患者様の体調等)と情報を共有しています。

審美領域の仮歯は技工士が立ち会いながら仕上げます。

まず、仮歯でご満足頂きます!仮歯の素材で可能な限り調整致します。
仮歯は通常、歯科医師がその場で形を整えて終わりますが、私が最終調整し磨き上げます

セラミック

従来、補綴物における主な材料は金属を使う場面が多いものでした。表面的にはセラミックで覆っていても、中のフレームは金属で出来ている場合が多いものです。確かに金属は材料的に歯科補綴に優れていると言えるでしょう。
しかし、エステティックにおいては優れているとは言い難いものです。

歯と同じ色調の素材

 

赤坂ヴィーナスデンタルクリニックで患者様に提供する補綴物は金属を使わない、セラミックのみで作られた補綴物です。
これにより審美的にはもちろん、金属アレルギー、経年変化による歯肉の色の変化の心配もありません。

フレームとなる材料にはジルコニア(Nobel Viocare社製)やe-max(Ivoclar Vivadent社製)を使用し、審美に限らず強度的にも安定した補綴物を提供することができます。

セラミック(磁器)によって作られた被せ物や詰め物はレジン(プラスチック)と違い、年月が経っても吸水や変色の心配がありません。ここでは当院で行うセラミックを使った治療の紹介を致します。

プロセラ・オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウンのフレームにジルコニアを使用したものです。
金属を使わないので金属アレルギーや歯肉の変色の心配もなく、審美的にも優れています。フレームの上に様々な色や透明度のセラミックを築成してゆくので患者様の歯に合った被せ物を作ることが可能です。
十分な強度を有するため前歯から奥歯、ブリッジなどに適応できます。

ジルコニアとは?

酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで、人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアと結晶構造は異なりますが、ほぼ同じ成分で出来ています。数あるセラミックの中でも粘り強さに長け、強くて丈夫な素材です。
また、ジルコニアは人工ダイヤだけでなく、スペースシャトルの断熱保護材やF1のブレーキなど様々な用途に用いられています。 また医療用途としては、人工股関節の球状骨頭部などにも利用されています。
このように、ジルコニアは様々な分野で利用され、信頼されている材料です。

歯科においてこのジルコニアとゆう素材は、白くきれいで高強度、生体親和性に優れるといった特徴を持つことから、金属に代わる材料として補綴物に利用されています。

1300MPaとゆう高い靱性(材質の粘り強さ)を持ち、重さはゴールドの約1/3と軽く、そして光の透過性を持ったこの素材は審美治療において欠かせない材料でもあります。

プロセラ・オールセラミッククラウンはジルコニアフレームの上に様々な色や透明度を持ったポーセレンパウダー(陶材)を築成し、ポーセレンファーネス(当院はIvoclar EP5000を使用)によって約900℃で焼きあげることにより、本物の歯のような色調や透明・蛍光性を再現します。

 

 

ラミネートベニア

歯の表面を少しだけ削り(もしくは全く削ることなく)、そこに薄いセラミックを貼り付 けるものです。歯の隙間を埋めたり、長さを変えることができるので歯 並びを綺麗に見せることができます。 セラミックを使うので歯肉への負担もなく、変色の心配もないので安心 して使用していただけます。

 

e-max

二ケイ酸リチウムガラスで出来た素材、e-maxとゆうプレスセラミックを使用した補綴物です。
強度と審美性に優れ、クラウン、インレー、ラミネートベニアなど様々な症例に適応します。

詳細はこちら >>

機材

『生活歯とメタルコア混合ケース』の製作法をご紹介いたします。

(他医院の治療により金属の土台が入っておりますが、当院ではお薦めしておりません。この治療では白い土台に入れ替えるのに症状の無い歯に対して大きなリスクが伴いましたので回避しました。)

このような明度や透過性が全く異なる支台歯にオールセラミッククラウンをアジャストしていくのは至難の業です。

Ivoclar Vivadent e.max press & ceram
Ivoclar Vivadent e.max press & ceram

 

赤坂ヴィーナスデンタルクリニックでは、最善の治療、最善のおもてなし、最善の空間をモットーにお悩みを抱えた患者様をお迎えしております。また、被せ物は私、歯科技工士の井上が誠心誠意お作り致します。皆様の健康や幸せのお手伝いが出来れは幸いです。

 

機材

当院の技工室は最新の機材を取り揃え、患者様の様々なニーズにお応えします。

Ivoclar Programat EP5000

プログラマットEP5000は、プレスとセラミックスファーネスの両方に使用できるコンビネーションファーネスです。
プログラマットEP5000は第3世代のプレスファーネスとして、プレス/焼成ファーネスのニュースタンダードです。
新型テクノロジーコンポーネントは安全に的確にプレス/焼成するための設計がなされています。
当院のセラミックスは全てこの機材を使用し作製されます。

 

 

カメラ

当院では NIKONのデジタル1眼レフカメラを使用し 患者様の口腔内の状態を記録しています。
口腔内の状態を正しく撮影するためにしっかりとしたセッティングを行い、適正な環境下で撮影しています。
患者様の歯の色を観察する時も院内技工士が色を採り、写真撮影するのでエラーのない補綴物を提供することができます。

 

シェードガイド

患者様の歯の色を確認する為に使用する色見本です。
Vita 3D-Masterは明度(明るさ)・彩度(鮮やかさ)・色相(色の種類)によって分類されているため、従来の色見本と比較して、より詳細な分類が可能です。

患者様の口腔内の様子をモニターで確認しながらセラミッククラウンは1本1本制作されてゆきます。

CT

 

IPS e-max Press は、ニケイ酸リチウム結晶からなるガラスセラミックス インゴットです。
インゴットは400MPaの曲げ強度を有する高強度のプレス用セラミックです。
このインゴットを院内のIvoclar Vivadent社製のプレスファーネスで900℃以上に加熱した状態でプレスし、適合性の良い修復物を制作することができます。 適応症としては、インレー・オンレー・クラウン・前歯の3本ブリッジ・ラミネートベニア・インプラントの上部構造と、多岐にわたっての使用が可能です。
プレスされたe-maxに患者様の歯の色と同じように着色し、表面に艶を出す加工をしたら完成です。

また、プレスされた補綴物の上にe-max Ceram(ナノフルオロアパタイトガラスセラミックス)を築成し焼成することによって複雑な歯のキャラクターを再現することも可能です。

審美治療の種類

メタルボンド

保険インレー

通常の虫歯治療時に被せる銀歯です。

メリット デメリット
保険が効く 金属アレルギーの可能性がある
  長期的にみると、金属が溶けだし歯ぐきが変色する可能性がある
  歯の裏側からは金属色が見える
メタルボンド
メタルボンド

メタルボンド

金属にセラミックを貼り付けた白い被せ物です。

メリット デメリット
審美性に優れる 保険が効かない
内側が金属のため強度が強い 金属アレルギーの可能性がある
全ての歯の部位に適用される 長期的にみると、金属が溶けだし歯ぐきが変色する可能性がある
内側が金属のため歯と詰め物のギャップが少ない 歯の裏側からは金属色が見える
  色調はオールセラミックに劣る
ハイブリッドセラミックインレー

セラミックインレー

セラミック(陶材)で歯の一部分を覆う詰め物です。
当院は併設の技工室で作製致しますので、細かい色まで再現できます。

メリット デメリット
審美性に優れる 保険がきかない
金属アレルギーの心配がない 保険の金属のものより若干歯を削る量が増える
    色が付きにくい
 
メタルボンド
メタルボンド

ジルコニアクラウン

ジルコニアで造られたメタルフリーのクラウンです。人体への害がなく透明度も高く丈夫で審美的にも非常に優れています。

 

メリット デメリット
審美性に最も優れる 保険が効かない
金属アレルギーの心配がない  
変色しない  
着色汚れがつきにくい  
ジルコニアとメタルボンドの比較

(左:メタルボンド 右:ジルコニア)

(左:ジルコニア 右:メタル)

ラミネートべニア

ラミネートべニア

当医院の院長は、ノーペルバイオケア社のジルコニア・オールセラミック・クラウンの歯科医向けセミナーのプロセラ・スピーカーとして講師を務めております。

メタル・フリー(金属を使わない)で生体親和性に優れるジルコニアを使用し、CAD/CAMにてスキャンして製作するという非常に最先端の被せ物です。歯肉へのなじみもよく、発色、透過性に優れる素材ですので、前歯には特に有効で、大変好評いただいております。

メリット デメリット
審美性に最も優れる 保険が効かない
金属アレルギーの心配がない 健康な歯を削る
変色しない  
ほとんどの場所に使用することが可能  
オールセラミック
オールセラミック

オールセラミック(ノーベルバイオケア社の商品:プロセラ)

金属は使わないセラミックの被せものです。

ノーベルバイオケア社の商品:プロセラは従来の3〜5倍の強度をもつため、臼歯部(奥歯)だけでなく、ブリッジにも適用範囲を広げることを可能としました。

メリット デメリット
審美性に最も優れる 保険が効かない
金属アレルギーの心配がない 金属の詰め物より歯を削る量が増えるため、歯科医師の技術に左右される
変色しない  
従来のオールセラミックに比べて強度が3〜5倍のため、咬み合わせの強い奥歯でも割れにくい  

CT

 

COSMETICS OR ESTHETICS?

コスメティックとエステティック。どちらも馴染みのある言葉のように感じますが、どのような意味の違いがあるのでしょうか?
辞書で調べてみますと、コスメティック=(表面的な)体裁の繕い・ぼろ隠し・美容のための・化粧用の、とあります。 一方、エステティックは、美学・美的感覚・美的な外見・美観とありました。

我々は歯を綺麗に治療するということはコスメティックではなくエステティックだと思っています。
表面だけを取り繕うのではなく、内面から出てくる美しい笑顔に磨きをかける、そんなお手伝いが出来ればと思っています。

いくら歯が白くなっても患者様の口元、そして顔とのバランスが取れなければ治療が成功したとは言えません。
顔と口と歯のバランス、それらを全て回復し、明るい笑顔で患者様に喜んで頂けた時、それが私達の診療の成功だと考えています。
口元を隠すことなく、自信を持って歯を見せながら大きく笑うこと、男女問わずそんな笑顔ができる方は素敵ですよね。
補綴だけに限らずクリーニングやホワイトニング、矯正治療なども含めて、患者様に最適な診療プランを立てることが可能です。
どうぞお気軽にスタッフにご相談ください!

歯科界への活動

歯科界への貢献のため自身もセラミックス実習コースを開催しております。

主な経歴

  • 東邦歯科医療専門学校 歯科技工士学科卒
  • 同 専攻科卒(ポーセレン専攻2年コース)
  •  
  • 佐々木正二 先生 IPS e.max Layering Advance hands-on course
  • 脇田太裕 先生  IPS e.max Staining Advance hands-on course
  • 森口光成 先生  IPS e.max Staining Advance hands-on course
  • 赤坂政彦 先生  IPS e.max Press & CAD follow-up course
  • 湯浅直人 先生  湯浅セミナー 1期
  • THE DAWSON ACADEMY JAPAN 歯科技工士として
Top of page
赤坂ヴィーナスデンタルクリニック All Rights Reserved.