院内ブログBlog

2021.04.05
虫歯と歯並びを治したい【矯正治療例】40代男性 20200303

  審美歯科|治療例

術前・主訴

歯が痛い。歯並びを治したい。
昔から自分の前歯が気になっていた。

診断の結果

まず、虫歯は治療した箇所の中に出来る2次う蝕でした。特に銀歯は隙間が開きやすく、そこから唾液にのって虫歯菌が侵入し銀歯の下に大きな虫歯を形成します。
また、前歯は凹凸し、内側に引っ込んでる歯もあります。奥歯は本来の顎の大きさより狭くなっており窮屈な状態でした。
治療順序は虫歯治療を行いつつ、矯正治療で歯が揃うスペースを確保して、最後にセラミックで被せます。なるべく残せる歯はのこして治療するためにも矯正治療で正しい位置に戻すことが肝心です。

術後・患者様の感想

長年の悩みだった顎の痛みが無くなり、肩も軽くなりました。
前歯は仮歯で調整した物と同じ長さにしていただき、
ホワイトニング色を選んだので色も形も気に入っています。
私の中では、人生が変わる治療でした。

治療情報

主訴虫歯と歯並びを治したい
診断名2次う蝕・不正咬合
年齢40代男性
治療方法セラミック治療・矯正治療
抜歯部位左上6番残根抜歯
治療期間一年
治療費20万円/1本
リスク
副作用
      
治療終了後のメンテナンス不足による歯周病
歯ぎしりや過剰な噛み締めによるセラミックスの破折や歯の根の再治療